05:41 2018年11月21日
日本警察

200億円以上相当の覚醒剤、名古屋で押収

© 写真: Antjeverena
日本
短縮 URL
130

名古屋市の倉庫で今月、末端価格が200億円以上に上る覚醒剤が押収され、台湾出身の男3人が逮捕されていた。捜査関係者が明らかにした。

スプートニク日本

今月4日、同市港区の倉庫に不審な人物が出入りしているとの通報があり、警察が倉庫を調べたところ、自動車タイヤのホイール内に隠されていた300キロ超、末端価格で200億円以上に相当する覚醒剤が発見された。また、当時近くにいた台湾出身の男3人が覚醒剤取締法違反の疑いで逮捕された。

覚醒剤は台湾から船で持ち込まれたとみられている。3人は受け取り役で9月に入国したとされている。

警察は、国際的な薬物密売グループや日本の暴力団との関わりを調べている。

関連ニュース

核兵器基地を警備の米兵が麻薬を使用

ノルウェー、「生活の質を向上させる」ために、薬物依存者に無料でヘロインを処方へ

タグ
警察, 日本
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント