21:00 2018年11月17日
日本の女子

日本の女子駅伝で、骨折した選手がはってたすきをつなぐ【動画】

© Screenshot: Thom Lukas
日本
短縮 URL
0 09

日本で開催された女子駅伝の大会で、レース中に選手が走れなくなり、四つんばいになって進み、たすきをつなぐアクシデントがあった。

スプートニク日本

選手は右すねを骨折して走れなくなり、中継所まで約300キロをはって進んだ。膝からは血が出ていた。

選手は、全治3~4カ月だという。

ネット上では、選手の強い意志を賞賛する声と、棄権させるべきだったのではないかとの賛否両論が出ている。

関連ニュース

ランニングに延命効果

欧州陸上選手権 予選1位通過の選手が、転倒したライバルをゴールへ導く【動画】

タグ
スポーツ, 事故, 事件, 観光, 日本
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント