21:00 2018年11月17日
沖縄

辺野古で移設工事再開、反発必至 政府、年内土砂投入目指し

© AFP 2018 / Toru YAMANAKA
日本
短縮 URL
238

米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古移設を巡り、政府は1日、辺野古沿岸部で埋め立てに向けた関連工事を再開した。年内に土砂投入し、埋め立てを本格化させる方針。県が反対する辺野古移設が再び動きだした。石井啓一国土交通相の決定で、10月31日に県の埋め立て承認撤回の効力が一時停止したことを受けた措置。

スプートニク日本

辺野古移設反対を掲げ9月の知事選で初当選した玉城デニー知事が、対話による問題解決を求める中での強硬姿勢に、沖縄側が反発を強めるのは必至だ。工事再開に関し、玉城知事は安倍晋三首相や菅義偉官房長官との早期面会を求めている。

(c)KYODONEWS

関連ニュース

沖縄県幹部「理不尽」と批判 国交相の撤回効力停止で

政府、辺野古工事を近く再開 沖縄県反発、法廷闘争も

タグ
日本
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント