20:58 2018年11月17日
皇太子さま(アーカイブ写真)

新旧元号の商標登録は不可 政府、便乗商法防止を狙う

© AFP 2018 / Jewel Samad
日本
短縮 URL
0 40

政府は5日、来年5月1日の皇太子さまの新天皇即位に伴う改元を控え、新旧の元号は商標登録できない対象であると明確にするため、審査基準を来年2月をめどに見直す方向で検討に入った。菅義偉官房長官が記者会見で明らかにした。元号を利用した便乗商法を防ぐ狙いがある。

スプートニク日本

特許庁は商標法に基づく「商標審査基準」で商標登録の要件を規定している。元号に関する現行の審査基準は「現元号として認識される場合」、登録を受けることができないと定めている。

実際の審査では、現元号に限らず「昭和」「大正」など過去の元号でも商標登録は受け付けていない。

(c)KYODONEWS

関連ニュース

法相、日本人雇用への影響回避 入管法改正案の参院質疑で

辺野古工事、防衛局は「私人」? 不服審査制度、運用に異論

タグ
日本
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント