05:40 2018年11月15日
東海(アーカイブ写真)

東海第2原発、運転20年延長が認可

© 写真: KEI
日本
短縮 URL
0 23

原子力規制委員会は7日、現在停止中で今月28日に運転開始から40年となる東海第2原子力発電所(茨城県東海村、炉数1基)について、最長20年間の運転延長を認可した。同原発は首都圏唯一の原発で、半径30キロ圏内に約96万人が居住している。

スプートニク日本

原子炉等規制法では現在、原発の運転期間について原則40年と定められているが、規制委が認可すれば1回だけ、最長で20年間延長することが可能。今回、現行制度の下で運転期間延長が認められた原発としては、高浜原発1・2号機、美浜原発3号機(いずれも福井県)に続いて4基目となる。また、2011年の東日本大震災による津波で被災した原発では初めてで、事故が起きた福島第1原発と同型の「沸騰水型原子炉(BWR)」でも初となる。

ただ、東海第2原発の再稼働に向けては、防潮堤の建設など安全対策工事が2021年3月までかかるほか、7つの地元自治体による同意が必要となる。

タグ
原子力, 東日本大震災, 原発, 日本
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント