08:58 2018年11月16日
米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)

辺野古移設で国と沖縄県の初協議 官房副長官と副知事

© AP Photo / Eric Talmadge
日本
短縮 URL
0 0 0

米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古移設を巡り、杉田和博官房副長官と沖縄県の謝花喜一郎副知事が9日、東京都内で会談した。菅義偉官房長官が記者会見で明らかにした。菅氏と玉城デニー知事が6日に合意した国と県による協議の初回。11月末まで約1カ月を協議期間としているが、一致点を見いだせるかは不透明だ。

スプートニク日本

菅氏によると、会談で杉田、謝花両氏は移設を巡る考え方をそれぞれ述べ、できるだけ話し合いの機会を設ける方針で一致した。玉城氏によると、県側は会談を3~4回行いたいと提案した。

(c)KYODONEWS

関連ニュース

首相、辺野古移設を続行 「県と考え異なる」

沖縄県幹部「理不尽」と批判 国交相の撤回効力停止で

タグ
軍事基地, 軍事, 沖縄, 米国, 日本
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント