18:36 2018年12月16日
沖縄県の玉城デニー知事(アーカイブ写真)

玉城知事、米国で直接訴え 沖縄の民意「辺野古移設に反対」

© REUTERS / Eugene Hoshiko
日本
短縮 URL
132

【ニューヨーク共同】沖縄県の玉城デニー知事は11日、米国を訪問し、ニューヨーク大で講演した。米軍普天間飛行場(宜野湾市)の名護市辺野古移設について、沖縄の反対の民意を受けて9月の知事選で圧勝したとした上で、日本政府が辺野古で「新基地建設を強行している」と指摘した。玉城氏の訪米は就任後初めて。

スプートニク日本

辺野古移設に反対する考えを米政府や議会関係者、米世論に直接訴え、移設計画の再考を促す狙いがある。講演には100人以上が参加した。

玉城氏は、在日米軍専用施設の約70%が沖縄に集中していると強調した。

(c)KYODONEWS

関連ニュース

沖縄県民投票、2月で調整 辺野古移設の賛否問う

タグ
日本, 沖縄
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント