16:34 2018年12月13日
日本郵便(アーカイブ写真)

日本郵便、人手不足を受けドローンを使った荷物の配送を開始【写真】

© Depositphotos / Cowardlion
日本
短縮 URL
112

日本郵便は、人手不足を受け、福島県でドローン(小型無人機)を使った荷物の配送を開始した。

スプートニク日本

ジャパンタイムズによると、初日の7日、ドローンは、小学生が描いた絵や年賀はがきのチラシなどを、福島県の南相馬市にある小高郵便局から浪江町の浪江郵便局に届けた。およそ9キロのルートを約15分で飛行した。

日本郵便は今後、ドローンの活用拡大を目指すという。ジャパンタイムズは、日本では9月にドローンに関する法制度が改正され、これまでは操縦者が目視できない距離にドローンを飛ばす場合は機体を監視する補助者をルート上に置く必要があったが、機体へカメラを設置するなどの安全対策を講じれば、補助者なしでも飛行できるようになったと指摘している。この「目視外」飛行は国内初だという。

日本郵便は、当面は社内の書類やチラシなどを運び、将来的には山間部や過疎地での配送に活用したい考え。

ドローンは、毎月第2および第3週目の火曜~木曜日の計6日間、小高郵便局と浪江郵便局の間を飛行する。積載物は2kg以内で、地面から60m以下の高さを約54km/h以下の速度で飛行するという。

関連ニュース

タグ
テクノ, 福島, 無人機, びっくり, 日本
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント