17:07 2018年12月15日
ラボ(アーカイブ写真)

日本、エボラ出血熱など5種類のウイルスの輸入を検討 検査体制の強化が目的

© Fotolia / Jarun011
日本
短縮 URL
2110

日本の厚生労働省と国立感染症研究所が、致死率の高いエボラ出血熱などの5種類のウイルスの輸入を検討していることが明らかになった。

スプートニク日本

共同通信が国立感染症研究所の発表をもとに報じたところによると、「訪日外国人客の増加で、エボラ出血熱など致死率の高い感染症の患者が入国する可能性が高まる」ため、検査体制を強化するのが目的。なお検査施設周辺の住民の理解を得る必要があり、今後、説明会や協議を行っていく予定だという。

報道によると、輸入が提案されているのは、エボラ出血熱、ラッサ熱、クリミア・コンゴ出血熱、南米出血熱、マールブルグ病の5種類の感染症の病原体。

関連ニュース

タグ
研究, びっくり, 健康, 病気, 日本
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント