16:37 2018年12月13日
野党、22日の憲法審応じず 国会攻防激化理由に

野党、22日の憲法審応じず 国会攻防激化理由に

© Flickr / xio_olx
日本
短縮 URL
0 51

野党6党派の衆院憲法審査会幹事らが20日、国会内で会談し、定例日に当たる22日の憲法審開催には応じられないとの認識で一致した。近く与党側に伝える。野党筆頭幹事の山花郁夫氏(立憲民主党)は会談後、記者団に入管難民法などの改正案を巡って国会の与野党攻防が激化していることを理由として挙げた。

スプートニク日本

自民党側は22日に今国会初の憲法審開催を模索していたが、見送られる可能性が高い。

衆院憲法審は木曜日が定例日。野党は、自民党の下村博文憲法改正推進本部長による「職場放棄」発言に反発しており、憲法審は15日も開かれなかった。

(c)KYODONEWS

関連ニュース

下村氏、憲法審幹事を辞退 職場放棄発言で野党硬化

タグ
日本
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント