12:01 2018年12月13日
日産

特捜部が日産を法人として立件へ ゴーン容疑者の事件

© AP Photo / Itsuo Inouye
日本
短縮 URL
0 70

朝日新聞によれば、日産とルノーによる自動車コンツェルンのトップを務めるカルロス・ゴーン容疑者が金融商品取引法違反の疑いで逮捕された事件で、東京地検特捜部が法人としての日産を立件する方向で検討している。

スプートニク日本

特捜部は、金融商品取引法違反(有価証券報告書の虚偽記載)が長期にわたって続いていたとして、法人の責任も重視している。

ゴーン会長は1999年にルノーから日産の最高執行責任者(COO)として派遣され、2000年に社長に就任した。2001年から社長兼CEOとなり、日産の再建を開始した。2005年にルノーの社長にも就任、2016年には燃費不正問題で打撃を受けた三菱自動車の会長に就任した。

関連ニュース

日産のゴーン会長、逮捕の可能性=マスコミ

日産ゴーン会長、最長で懲役10年の可能性

タグ
経済, 事件, 日本
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント