07:23 2020年08月12日
日本
短縮 URL
日産ゴーン事件 (71)
171
でフォローする

日産自動車は22日、取締役会を開き、報酬の過少申告をめぐるスキャンダルを背景に、カルロス・ゴーン容疑者の会長職と代表取締役を解くことを全会一致で決定した。グレッグ・ケリー容疑者の代表取締役を解くことも決議した。日産自動車が発表した。

スプートニク日本

また取締役会では、社外取締役の豊田正和氏を委員長とする委員会を設置し、取締役会長候補を提案することも決まったという。

東京地検特捜部は19日、金融商品取引法違反の疑いでゴーン容疑者を逮捕した。ゴーン容疑者は、2010年から2015年にかけて報酬の約半分(約50億円)しか公開していなかった疑いが持たれている。

関連ニュース

日産会長、報酬支払いデータ偽造について自らの補佐役に個人的に指示 メディア報道

ゴーン会長の逮捕は、ロシアにおけるルノー・日産・三菱アライアンスの活動には影響しない=露産業貿易省

トピック
日産ゴーン事件 (71)
タグ
スキャンダル, 日産, 日本
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント