18:38 2018年12月16日
和歌山県知事に仁坂氏4選 新人との一騎打ち制す

和歌山県知事に仁坂氏4選 新人との一騎打ち制す

© Sputnik / Nina Zotina
日本
短縮 URL
0 10

任期満了に伴う和歌山県知事選は25日投開票の結果、現職仁坂吉伸氏(68)=社民推薦=が、市民オンブズマンわかやま事務局長の新人畑中正好氏(66)=共産推薦=を破り、4選を果たした。投票率は38・33%で、前回を1・32ポイント下回った。

スプートニク日本

仁坂氏は自民、国民民主、公明各党の地元組織や、連合など多くの団体の推薦も受け、組織力を生かして県内全域で遊説。道路整備や企業誘致、防災対策などに取り組んだ3期12年の実績をアピールし、終始優位に選挙戦を進めた。カジノを含む統合型リゾート施設(IR)の和歌山市誘致についても、観光産業に貢献すると売り込んだ。

(c)KYODONEWS

関連ニュース

自民の改憲案提示が困難な情勢に 国民投票法も見通せず

東京五輪サマータイム、断念表明 自民、法案提出困難

タグ
選挙, 日本
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント