09:59 2018年12月10日
安倍首相(アーカイブ写真)

首相「移民政策」否定 衆院予算委、集中審議

© Sputnik / Michael Klimentyev
日本
短縮 URL
147

安倍晋三首相は26日午前の衆院予算委員会の集中審議で、外国人労働者の受け入れ拡大に向けた入管難民法などの改正案に関し「国民の多くの方々が懸念を持っているような移民政策を採る考えはない」と改めて強調した。国内の環境整備について「関連施策を積極的に推進する」と述べた。

スプートニク日本

立憲民主党の逢坂誠二氏は、外国人労働者の受け入れ人数や永住権の扱いが依然、不明確だと批判した。

首相は、新たに設ける在留資格のうち、熟練技能が必要な業務に就く「特定技能2号」で働く期間は、永住権取得要件の一つである「5年以上の国内就労」に算入する方向で法務省が検討していると述べた。

(c)KYODONEWS

関連ニュース

入管法改正、実質審議入り 技能実習生調査の誤り、法相謝罪

法相、日本人雇用への影響回避 入管法改正案の参院質疑で

タグ
移民, 安倍晋三, 日本
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント