17:11 2018年12月15日
不妊手術、国会で検証へ 与党、調査委設置も

不妊手術、国会で検証へ 与党、調査委設置も

© Sputnik / Natalia Seliverstova
日本
短縮 URL
0 0 0

旧優生保護法(1948~96年)下で障害者らに不妊手術が繰り返された問題で、自民、公明両党による合同ワーキングチーム(WT)は26日、救済策を講じるだけでなく、国会で旧法制定の経緯や背景、被害の実態など問題の全体像を幅広く調査・検証する方向で調整に入った。

スプートニク日本

調査・検証委員会の設置など具体的な手法を今後検討する。旧法が議員立法で制定された経緯を踏まえ、立法府としての責任を果たす必要があると判断した。手術を受けた当事者の名誉回復や差別解消を図ることが目的で、12月にまとめる救済の基本方針に盛り込む方向だ。

(c)KYODONEWS

タグ
日本
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント