03:43 2018年12月12日
F-35

日本、第5世代戦闘機F35Aさらに100機を米から調達する可能性 新聞報道

CC BY 2.0 / Forsvarsdepartementet / Testflyging av første norske F-35
日本
短縮 URL
257

日本政府は、第5世代戦闘爆撃機F35Aの追加の100機を米国から取得する可能性の検討に着手した。27日、日本のビジネス紙「日本経済新聞」が伝えた。

スプートニク日本

契約価格は1兆円を超える可能性があると指摘されている。その結果、1機当たりの価格は100億円を超えることになる。先に日本政府は、42機の戦闘爆撃機F35Aを追加で調達する意向だったが、今後その数を142機にまで増やすことが計画されている。

共同通信は27日、今年に予定されていた本州の北の端にある三沢基地への10機の米国製戦闘爆撃機F35Aの展開を日本の航空自衛隊が完了したと伝えた。これらのF35Aは、同国の領空警備のため、また朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)に対する軍事的圧力の手段として今後利用される

防衛省は現在、旧式化した戦闘機F4のほか、三菱重工業と米ロッキード・マーチンによって共同開発された戦闘爆撃機F2について、これらを置き換える計画を検討している。

関連ニュース

F-35A戦闘機、三沢基地への配備を延期 給油機の不具合で

米空軍仕様F35、嘉手納へ

タグ
武器・兵器, 日本
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント