09:59 2018年12月10日
東京

入管法が参院本会議で審議入り 首相「新制度早期実施を」

© Sputnik / Natalia Seliverstova
日本
短縮 URL
216

外国人労働者の受け入れを拡大する入管難民法などの改正案は28日午後、参院本会議で審議入りした。与党主導の強引な審議日程で衆院を通過したことに野党は批判を強めているが、安倍晋三首相は「人手不足の状況は深刻で、問題への対応は待ったなしだ。できるかぎり早急に新制度を実施する必要がある」と述べ、来年4月の開始を目指す考えを強調した。

スプートニク日本

新設する在留資格について、改めて移民政策ではないと否定した上で「国民が懸念するような政策を採る考えはない」と説明。改正案成立後に策定する分野別運用方針で5年ごとに、向こう5年間の受け入れ見込み数を示し、上限として運用すると述べた。

(c)KYODONEWS

関連ニュース

入管法、午後に参院審議入り 首相出席で本会議

長島昭久氏ら新党結成検討 年内、複数議員に打診

タグ
経済, 安倍晋三, 日本
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント