12:00 2018年12月13日
三菱

韓国最高裁、三菱重に賠償判決 徴用工訴訟で

© Flickr/ viZZZual.com
日本
短縮 URL
1183

韓国の最高裁判所は29日、第2次世界大戦時に強制的に働かされたとして韓国人元徴用工と遺族が三菱重工業に損害賠償を求めた2件の控訴審の判決を支持した。

スプートニク日本

韓国YTNテレビは韓国外務省の報道官のコメントとして「我々は判決を尊重し、強制労働の犠牲者の傷を癒やすよう努力する」と報じた。

最高裁判決では、4人の元徴用工と1人の遺族に対し1人当たり8万9千〜10万9千ドル(約1000万〜約1200万円)の賠償を命じた。元徴用工6人による2件めの訴えは、1人あたり7万ドルの賠償を要求している。

河野太郎外相は韓国の最高裁の支払い命令を断固として退けた。河野外相は1965年の日韓請求権協定によって日本の1910年から1945年の朝鮮併合時代に関する賠償問題は調整済みだと指摘した。

河野外相はまた、韓国最高裁の判決は国際法に違反しているとして、日本は国際機関への問い合わせも含めた対抗措置をとらざるを得ないと述べた。

関連ニュース

日本の首相が豪ダーウィンを戦後初めて訪問し、第二次大戦時の空爆について謝罪へ=豪通信社

タグ
第二次世界大戦, 歴史, 三菱, 韓国, 日本
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント