21:38 2018年12月11日
サイバー(イメージ)

自衛隊のサイバー攻撃能力保有、政府は検討明記の方針

© Fotolia / Uli-B
日本
短縮 URL
0 44

日本政府は自民、公明両党によるワーキングチームの会合で、防衛計画の大綱(防衛大綱)に自衛隊のサイバー攻撃能力保有の検討を明記する方針を示した。毎日新聞が報じた。

スプートニク日本

政府は与党作業班の会合で、サイバー能力強化の方策として、サイバー防衛隊の体制拡充、関係機関や外国との連携推進、技術研究推進の3つの柱を打ち出した。

与党側は、攻撃側が「国家または国家に準ずる組織」であれば自衛権、それ以外は警察権で対処すると指摘。判断が難しいグレーゾーンやサイバー攻撃への自衛権発動を許可する具体例など、政府からの提示を求めた。

その上で与党側は、武力行使の新3要件とサイバー攻撃に対する自衛権の発動の関係を整理するよう政府に要求した。

関連ニュース

日本サイバー部隊、千人規模へ 攻撃法も研究

日本の自衛隊は国外で戦争をする準備をしているのか?

タグ
ハッカー, 自衛隊, 日本
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント