09:57 2018年12月10日
日本 警察が数十名の中国人不法労働者を追跡

日本 警察が数十名の中国人不法労働者を追跡

© REUTERS / Yuya Shino
日本
短縮 URL
134

日本の警察は短期のビザで入国し、建設現場で働いた後、姿を消している46人の中国人の行方を追っている。3日、NHKの報道によれば、不法滞在の疑いですでに11人の中国人が逮捕されている。

スプートニク日本

逮捕者と行方不明の46人は最初、同じグループで千葉県の太陽光パネル工場で働いていた。捜査委員会は、これらの中国人は低賃金による不法労働移民を組織する犯罪グループから送り込まれたものと推測している。

NHKの報道によれば、過去半年だけでも日本へクルージングの観光客として入国し、その後行方が分からなくなっている中国、ベトナム人は60人を超している。これらの外国人は長崎、佐世保、博多の港に入ったあと、行方が分からなくなっている。

これらの行方不明外国人らも偽の書類を用い、日本国内で不法労働に従事していると疑われている。

タグ
日本
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント