17:06 2018年12月15日
玉城知事(アーカイブ写真)

辺野古、土砂投入方針に沖縄反発 知事「断じて許されず」

© REUTERS / Issei Kato
日本
短縮 URL
293

政府が米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古移設を巡り、14日に辺野古沿岸部への土砂投入方針を表明したことを受け、3日、県側に反発が広がった。玉城デニー知事は「新基地建設に反対の民意が繰り返し示される中で、断じて許されない」と県庁で記者団に語った。

スプートニク日本

土砂投入で埋め立て工事は本格化し、移設問題は新たな段階に入る。

県は埋め立ての既成事実化による反対運動の停滞を懸念、土砂採取の規制強化や移設工事の計画変更の許可を巡って対抗策を検討し、徹底抗戦する構えだ。

(c)KYODONEWS

関連ニュース

政府、辺野古用土砂の搬出開始 名護市の民間港で、中旬に投入へ

米側、辺野古移設揺るがずと表明 玉城沖縄県知事、反対の意向伝達

タグ
軍事基地, 日本, 沖縄, 米国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント