06:39 2019年01月17日
日本の菅官房長官(アーカイブ写真)

「ロシアとの交渉に粘り強く取り組んでいく」と菅官房長官

© AFP 2018 / Toru Yamanaka
日本
短縮 URL
436

菅官房長官は19日午前の記者会見で、平和条約をめぐりロシアとの交渉に粘り強く取り組んでいく考えを示した。NHKが伝えた。

スプートニク日本

先に伝えられたところによると、日本政府はロシア軍がクリル諸島(北方領土)に兵士用宿舎を新設したことに関しモスクワの外交ルートを通じてロシア政府に抗議した。
菅氏は「こうした問題の根本解決のためには北方領土問題それ自体の解決が必要だ。引き続き、領土問題を解決し平和条約を締結するとの基本方針の下に、ロシアとの交渉に粘り強く取り組んでいく考えだ」と語った。

菅氏は領土問題について「従来の立場と変わっていない」と述べた。

関連ニュース

河野外相、ロシアとの平和条約締結交渉に関する発言を引き続き控えていく考えを表す

ラブロフ外相:日本は第二次世界大戦の結果を考慮する用意がないことを示唆している

タグ
露日関係, クリル諸島, 日本, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント