20:06 2019年04月25日
東京

枝野氏、5月2日改元を容認 新元号の事前公表を前提条件に

© Fotolia / leungchopan
日本
短縮 URL
0 02

立憲民主党の枝野幸男代表は21日の記者会見で、新元号を事前公表して国民生活への影響を回避することを前提条件として、改元政令の公布自体は来年5月1日の新天皇即位後でも容認できるとの認識を表明した。「コンピューターシステムの準備などに迷惑が掛からないのであれば、1日公布、2日施行でもいいのではないか」と述べた。

スプートニク日本

政府は、改元までの準備期間を確保するため新元号を事前公表する方針だ。公表日に来年5月1日を施行日とする改元政令を閣議決定し、今の天皇陛下が公布する段取りを想定している。

枝野氏は「国民の生活に不便を与えないよう、早い決定と公表が望ましい」と指摘した。

(c)KYODONEWS

タグ
日本
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント