06:45 2019年03月26日
日産ゴーン前会長(アーカイブ写真)

ゴーン前会長、日産資金で30億円貸し付け サウジ側に協力者か

© REUTERS / Regis Duvignau
日本
短縮 URL
日産ゴーン事件 (36)
0 22

日産自動車のカルロス・ゴーン前会長が私的な投資の評価損を理由に銀行側から追加担保を求められた際、サウジアラビアの協力者へ約30億円の貸付を計画し、追加担保に充てようとしていたことが関係者の話で明らかになった。

スプートニク日本

焦点となっているのは、自身の資産管理会社と銀行との間のデリバティブ取引。ゴーン被告はリーマンショック後の円高で評価損を抱えた際、円でもらう報酬への為替レート変動リスク軽減を目的としてスワップ取引を結んだ。

ゴーン被告はこの契約を一時的に日産に移転した。同被告は自身の資産管理会社に再移転する際、日産自動車の子会社が保有する預金口座から、サウジ側協力者のハリド・ジュファリ氏が経営する会社の口座に金を振り込ませるなどして日産に損害を与えたとされる。

関係筋によると、東京地検特捜部は交流期限の11日にも、ゴーン被告を特別背任で追起訴する見通し。ゴーン被告は「合法的に日産を支えた」として、容疑を否認している。

関連ニュース

ゴーン容疑者 保釈申請へのサインを自身の解さない日本語で求められる

東京地検特捜部、ゴーン前会長の自宅を家宅捜査

トピック
日産ゴーン事件 (36)
タグ
経済, 日本
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント