09:23 2019年01月17日
米軍の原子力空母「ロナルド・レーガン」

防衛省、米軍機訓練候補地「馬毛島」の買収へ

© REUTERS / Yuya Shino
日本
短縮 URL
118

日本の防衛省は鹿児島県西之表市の馬毛島について、購入額160億円で、地権者との間で近く売買契約を結ぶ見通しであることが明らかになった。読売新聞が報じた。

スプートニク日本

日米両政府は2011年から馬毛島を巡る売買交渉を続けてきた。同島では、米原子力空母「ロナルド・レーガン」の洋上展開前に、FA18戦闘攻撃機の離着陸訓練(FCLP)が行われる予定。

読売新聞はこの見通しについて、「日米の安全保障体制を強化する意味でも意義は大きい」と指摘している。馬毛島は中国の脅威を踏まえた南西防衛強化の一環で、有事の空自戦闘機の分散配置拠点とされる。

馬毛島は種子島の西方約12キロに位置する無人島。馬毛島では買収後に自衛隊施設の整備が行われる予定。

関連ニュース

中国4隻が沖縄・尖閣の接続水域から出る

日本が満足する米F35戦闘機が台湾には適さない理由とは?

横田基地騒音、国に約9600万円の賠償命令

タグ
戦闘機, 軍事, 軍事基地, 自衛隊, 日米関係, 軍事演習, 日本
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント