00:23 2019年06月27日
上月豊久駐ロシア日本大使

日本外務省、対露関係で基本方針の堅持を表明

© Sputnik / Vladimir Trefilov
日本
短縮 URL
178

日本の外務省は、領土問題を解決し平和条約を締結するとの基本方針の下、ロシアとの交渉に粘り強く取り組んでいくとの意向を示した。

スプートニク日本

また、上月豊久駐露日本大使がロシア外務省からの呼び出しを受けたことについて、日本の外務省は上月大使とイーゴリ・モルグロフ露外務次官との間で行われた話し合いの詳細な内容への言及は控えた。

モスクワに駐在する日本の大使が9日、平和条約問題に関する日本首脳部の発言が増していることに関連し、ロシア外務省に呼び出された。ロシア政府では、これらの発言について、「平和条約問題を巡る雰囲気を人為的に緊張させようとする、またその(平和条約問題の)解決に関する自らのシナリオを他方に押しつけようとする試み」として受け取っている。

タグ
戦争・紛争・対立・外交, 露日関係, 領土問題, 日本, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント