00:29 2019年12月06日
東京

厚労省による不適切統計、過少給付額は537億円

CC0 / Pixabay
日本
短縮 URL
107
でフォローする

賃金や労働時間に関する統計調査を行う際、不適切な手法が長年にわたって採用されていた問題で、厚生労働省は11日、この統計を基に算定される失業給付や労災保険の過少給付額が約537億円に上ると発表した。不足分については追加給付を行う。

スプートニク日本

不適切な手法が採用されていたのは、雇用保険の失業給付や労災保険の算定にも利用されている「毎月勤労統計調査」。本来、従業員数500人以上の大規模事業所については全事業所を調査することになっていたが、東京都分については対象となる事業所の一部を抽出して調査していた。このため、賃金が比較的高い大規模事業所が、実際には数多く調査対象から外れ、同省によると2004年以降、調査における賃金額が低めに出ていたという。

給付が過少となっていた対象者数は約1973万人で、2004年までさかのぼって不足分を追加給付する。

関連ニュース

日本、厚労省の不適切調査で来年度予算を修正

タグ
スキャンダル, 日本
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント