00:21 2019年12月06日
自衛隊(アーカイブ写真)

日本、敵通信・レーダー無力化する機体開発へ 露中に対抗

© AP Photo / Eugene Hoshiko
日本
短縮 URL
11210
でフォローする

日本政府は敵のレーダーや通信システムを無力化する能力を持つ「電子攻撃機」を開発する方針だ。読売新聞が報じた。

スプートニク日本

同紙が複数の政府関係者の話として伝えるところ、装置は自衛隊の哨戒機や輸送機に搭載される。

「C2を基にした機種は2027年度の導入を目指している。P1については開発スケジュールを含めて検討する」と読売新聞は報じる。

同紙が指摘するところ、自衛隊にはすでに電子戦の装備がある。だがミサイル攻撃を受けた場合など、主に防御に重点を置いている。

同紙は「電子戦能力を向上させている中国やロシアに対処する狙いがある」と伝える。

関連ニュース

日本の新防衛大綱 安全保障か憂慮すべき兆候か

2018年の主要な軍事ニュース

タグ
軍事, 自衛隊, 武器・兵器, 日本
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント