18:20 2019年02月22日
虫

昆虫スナックが日本で記録的売上【写真】

© Flickr/ Gustavo Fernando Durán
日本
短縮 URL
0 23

熊本市に設置された食用昆虫自販機が大きな売上を記録している。自販機では「コオロギ」「ゲンゴロウ」「オケラ」などパッケージに入った昆虫10種が販売されている。甘党にはチョコで覆った昆虫もある。設置した友田敏之さんもこうした評判は予想外だという。

スプートニク日本

ウェブメディア「SCMP」が報じるところ、コオロギのプロテインバーの価格は700円、同様にタンパク質が豊富なコオロギは1袋1300円となっている。

友田敏之さんは昨年11月、自身が営む風船専門店「DISCOVER BALOON」の前に自販機を設置。どれほど人気が出るか興味があったという。最初の一ヶ月の売上は50万円だった。

​人類は何世紀にもわたり昆虫を食べてきた。巨大なクモは南米で珍味として重宝され、タイではゲンゴロウが食べられてきた。カイコの幼虫、サソリ、ゴキブリは中国で食用として愛されてきた。

あなたは昆虫食をどう考えますか?

関連ニュース

注意 旨くて危険! 世界の不健康な料理たち

欧州の人たちにとって最もエキゾチックなアジア料理トップ11【写真】

タグ
食品, びっくり, 日本
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント