23:32 2019年02月20日
円

フィッチ 日本の長期外貨建て発行体デフォルト格付けを「A」 安定予測

© Flickr / Holly Golabek
日本
短縮 URL
0 04

国際格付け会社フィッチは日本の長期外貨建て発行体デフォルト格付けを「A」に据え置き、見通しも引き続き「安定的」と発表した。

スプートニク日本

フィッチは日本の備蓄レベルが高いことで外的に震撼させるような要因があっても安定した経済が約束されていると評価した。

一方でフィッチは、日本の抱える赤字国債はGDP比較で230%に達していることも指摘している。

フィッチの調べでは2017年から2018年、日本のGDP成長率は自然災害が原因で半減してしまっている。

2019年から開始予定の付加価値税によって年間で2%程度のインフレが予想されているものの、フィッチはこれによる値上がりは起こらず、日本の将来の格付けに好影響と判断した。

関連ニュース

ロシアは米制裁によく対処=フィッチ・レーティングス

タグ
経済, 日本
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント