16:53 2019年02月23日
オークション

日本国内のオークションサイトで「ウラン」売買

© Fotolia / alswart
日本
短縮 URL
0 05

日本国内のオークションサイトでウランが売買されていたことが31日、明らかになった。NHKが報じた。

スプートニク日本

原子力規制庁職員は昨年1月、オークションサイトでウランの疑いがある物質が出品されていることを確認し、警察に通報した。

その後警視庁生活環境課による捜査が実施され、出品者・落札者ともに特定された。NHKによると、押収した粉末について日本原子力研究開発機構鑑定を依頼したところ、劣化ウランの可能性が高いことが明らかになった。

出品者の男性は同課に対し「海外のサイトで購入した」と説明しているものの、詳しい入手経路は分かっていない。同課は事件の全容解明に向け、原子炉等規制法違反容疑を視野に捜査を進めている。

タグ
原子力, 事件, 警視庁, 日本
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント