23:37 2019年02月20日
借金

全銀協、来月から「貸付自粛制度」導入 過剰債務の解消へ

© Flickr/ Chris Potter
日本
短縮 URL
0 11

全国銀行協会は過剰債務の防止を目的として、3月29日から「貸付自粛制度」を導入する。産経新聞が報じた。

スプートニク日本

この制度では、本人または未成年者の親など法定代理人からの申告があった場合、会員各行が対象者に融資をしないよう促す仕組みが整えられている。

産経新聞によると、負債の有無や返済履歴などを蓄積している全国銀行個人信用情報センターに対象者の氏名や自宅住所、勤務先などが申告日から5年間にわたり登録される。融資の際に全国の銀行が登録情報を照会することで、対象者の過剰債務を未然に防ぐことができる。

また、同制度はギャンブル依存症や浪費癖のある個人を対象としており、住宅ローンや教育ローンなど、融資金の使途が明確な場合は対象外となる。

貸付自粛制度の詳細な説明は、全国銀行協会のホームページ上で見ることができる。

タグ
日本
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント