09:12 2019年02月20日
バレンタインデーの友チョコ

日本の女性たちがバレンタインデーの習慣に反対=ガーディアン紙

© AP Photo / Kathy Willens
日本
短縮 URL
1171

日本の女性たちは、バレンタインデーに職場の男性たちにチョコレートを贈る習慣に反対し始めた。大勢の女性たちは、非難や侮辱を回避するために、プレゼントに数千円を費やしている。11日、ガーディアン紙が報じた。

スプートニク日本

調査の結果、今年、日本人女性の60%が自分のためにバレンタインデーのチョコレートを購入、56%超が家族にプレゼントするために購入、36%が配偶者や恋人または思いを寄せている相手のために購入、そして35%が職場の同僚を喜ばせるために購入する予定であることがわかった。

ガーディアン紙によると、多くの日本人女性にとってバレンタインデーの習慣は負担になり始めているという。

現在はバレンタインデーのプレゼントを禁止している企業もある。ある女性職員は、禁止される前は適切な購入費用やプレゼントを贈る相手などについて頭を悩ませていたが、このような強制的な習慣がなくなってよかったと語る。

バレンタインデーの日本のイベントは1950年代半ばに商業的に普及しはじめ、巨大市場に発展した。

複数の製造業者は、数日間で年間売上の著しい部分を得ている。

タグ
日本
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント