16:35 2019年03月23日
沖縄、普天間飛行場(アーカイブ)

くい7万7千本で地盤強化 辺野古移設で政府検討

© AFP 2018 / Toru Yamanaka
日本
短縮 URL
118

米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古移設を巡り、政府が軟弱地盤の広がる埋め立て予定海域東側の海底に、砂を締め固めたくい約7万7千本を打ち込み、地盤を強化する工法を検討していることが分かった。当初の計画には記載がなく、移設に反対する県は変更の申請を許可しない見通しだ。

スプートニク日本

移設工事は、外枠や中仕切りとなる護岸を造った上で、内側を土砂で埋め立てる。防衛省の委託業者が作成した資料によると、軟弱地盤がある東側では、新たに造成する6護岸の海底に砂のくいを約3万9千本、埋め立て予定区域に約3万8千本を打ち込み、計約7万7千本で地盤が強化できるとしている。

(c)KYODONEWS

タグ
日本
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント