22:20 2019年07月19日
住宅半壊、法の別枠で支援 22道府県、5年で37億円

住宅半壊、法の別枠で支援 22道府県、5年で37億円

© AP Photo / Haruka Nuga
日本
短縮 URL
0 0 0

自然災害で住宅が半壊した被災者に対し、国の制度とは別に支援金や見舞金を支給した道府県が過去5年間で少なくとも22あり、総額は約37億円を上回ることが6日、共同通信のまとめで分かった。半壊世帯の多くは被災者生活再建支援法の枠組みから除外されており、東日本大震災でも議論の的となった。

スプートニク日本

47都道府県を対象に、昨年12月~今年1月にアンケートを実施した。法の適用外となった被災世帯などに対し、見舞金を含め常設の独自支援制度があると答えたのは32道府県。うち半壊支援があるのは25道府県だった。新潟、愛媛、熊本など常設の制度はないが対応方針を決めている県もあった。

(c)KYODONEWS

タグ
日本
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント