04:18 2020年07月03日
日本
短縮 URL
207
でフォローする

昨年日本に対して実行されたサイバー攻撃で、最も頻繁に発信元となっていたのはロシアと中国だった。共同通信が7日に伝えた。

スプートニク日本

日本の警察の情報によると、日本全体では2018年、保安システムにより確認・記録された、何らかのオンラインリソースに対する無許可アクセスの試みが、毎日平均で2752.8件発生。そのうち20.8%がロシア国内から、14.8%が中国国内から行われていた。

昨年全体で12万6815人が、サイバネティクス攻撃による被害を受けて警察に相談。また、確認されたサイバネティクス犯罪に関しては昨年、過去最多となる件数の摘発が行われ、その件数は前年と比べて26件増の9040件だったという。

タグ
ハッカー, 日本
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント