13:15 2019年11月22日
福島周辺の放射性土壌の浄化

グリーンピース 日本は福島周辺の放射性土壌の浄化に対応できない

© REUTERS / Issei Kato
日本
短縮 URL
人類にはまだチャンスがあるか? 地球のグローバルな環境問題 (177)
4114
でフォローする

国際環境NGOグリーンピース・ジャパンは、日本政府は福島第一原発周辺地域の放射能汚染に関するデータを隠蔽していると非難している。英紙「ガーディアン」のジャスティン・マッカリー特派員が報じた。同氏氏は、原発事故の隣接地域で取材を行なった外国人ジャーナリストの代表団に参加していた。

スプートニク日本

福島第一原発の事故以降、 原子力発電所周辺地域の汚染土壌の除去のため、 大規模な作業が継続されてきた。外国人ジャーナリストたちに同行 した環境省職員の平月氏は、「法律にもとづき、私たちは福島県外で汚染土壌の最終保管場を見つけなければならない」と説明した。しかし、この危険物資の保管受け入れを、誰も、どこの地域も表明しようとはしない。

© AFP 2019 / Kazuhiro Nogi
2011年の津波と地震の犠牲者を祀った慰霊碑 福島県浪江町

グリーンピースのスタッフたちは、原発事故の処理作業員たちが汚染された土壌の表層をすくい、巨大な袋に詰め込むが、その袋は核物質の漏出を防ぐことができず、 風や地下水によって汚染物資の拡散を許していると警告する。

© REUTERS / Issei Kato
福島周辺の放射性土壌の浄化

彼らは、道路や堤防を建設する際に、放射線レベルの低い汚染土壌を使用するという政府の考えにも積極 的に反対している。また、グリーンピースの専門家たちは、日本政府は福島第一原発の隣接地域の放射線レベルを過小評価しているとも考えている。

© AFP 2019 / Kim Jae-Hwan
地震と津波による火災で煙が立ち上る 宮城県多賀城市の港地域

関連記事

トピック
人類にはまだチャンスがあるか? 地球のグローバルな環境問題 (177)
タグ
びっくり, 災害, 環境, 日本, 福島
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント