16:33 2019年12月09日
東京大学

経産省、大学での情報管理を強化へ 中国への先端技術流出を懸念

CC BY-SA 4.0 / Yasuda Auditorium - Tokyo University 3
日本
短縮 URL
254
でフォローする

日本の経済産業省は、大学から他国への先端技術の流出を防ぐため、管理体制を見直す方針だ。読売新聞が報じた。

スプートニク日本

同紙によると、米国発の先端技術が中国など第三国に流出する事態を防ぐ狙いがある。米国発の先端技術を流出させた場合、米政府は制裁を課す可能性がある。さらに、中国との競争を受け、米国は人工知能(AI)など14分野の先端技術を輸出規制の対象にする方針だ。

日本の大学は米国や中国との提携を強化している。中国通信機器大手の華為技術(ファーウェイ)もその中にある。共同研究が増加するなか、先端技術の流出を防ぐため、流出例や管理方法を例示する方針だ。

ただ、管理を強めすぎると研究が滞る結果になりかねないとの懸念の声もある。

関連ニュース

中国、2018年のEV市場で米に著しく先行

グーグルの中国向けプロジェクトは中国軍を援助=米統合参謀本部議長

タグ
日中関係, 文化, 中国, 日本
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント