20:28 2019年09月16日
 Carlos Ghosn

ゴーン元会長が取締役解任 日産臨時株主総会

© AP Photo / Thibault Camus
日本
短縮 URL
0 21
でフォローする

日産自動車は8日、臨時株主総会を開き、取締役から前会長カルロス・ゴーン容疑者と側近の前代表取締役グレッグ・ケリー被告を解任した。

スプートニク日本

西川社長が「前代未聞」の経営トップの不正を長く見つけることのできなかった「経営陣の責任を重く受け止める」と発言すると、株主からは総退陣を促す声もあげられた。

前会長のゴーン容疑者には有価証券報告書に役員報酬を過少に記載した疑いがかけられている。昨年11月の逮捕後すぐに、日産はゴーン容疑者の会長職を解任していたが、今回取締役も解任された。

ゴーン容疑者自身は潔白を主張しているが、6月には三菱自動車の取締役からも解任されることになっている。

日産自動車の株主総会ではルノーのジャンドミニク・スナール会長の取締役就任も可決された。

関連ニュース

タグ
日産, 日本
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント