19:02 2019年08月24日
ビジネス

日本 特定技能ビザを取得するための試験に申し込んだ外国人の数が上限を超える

CC0 / Pixabay
日本
短縮 URL
113

日本政府は、新設された在留資格「特定技能」の新たな就労ビザを取得するために必要な試験に申し込んだ外国人の数が、受入人数枠を超えたと発表した。

スプートニク日本

4月1日に施行された新在留資格「特定技能」を盛り込んだ改正出入国管理法は、14の分野で一定の技能を持つ外国人に日本での就労を認めている。

特定技能ビザを取得するためには、日本語能力と技能試験に合格することが条件の一つとされている。

外食業分野の試験初回は、東京と大阪で4月25日に実施される予定。

申請の受付初日に、およそ1000人(受入れ人数の上限の約3倍)が試験に申し込んだ。

外国人労働者の雇用を考えている企業は、受入れ人数の上限が低すぎるとしている。

このようなクレームを受け、農林水産省は4月26日に追加で試験を実施する計画。同省はまた、6月に複数の都市で試験を実施する方針。

 

タグ
日本
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント