06:36 2019年12月14日
F35A(アーカイブ)

消失したF35A戦闘機、機体の一部が発見か

© CC0 / US Air Force/Master Sgt. Donald Allen
日本
短縮 URL
103
でフォローする

9日、日本の航空自衛隊のF35A戦闘機が 太平洋上を飛行中にレーダーから消失したことについて、航空自衛隊は機体の一部とみられる破片が発見されたことを明らかにした。NHKが空自の発表を伝えた。

スプートニク日本

9日、 航空自衛隊はパイロット1名を乗せたF35A戦闘機が太平洋上で レーダーから消えたことを報告した。NHKの報道によれば、 航空自衛隊はこれまでに機体の一部らしきものが発見されたことを 明らかにしている。また共同通信によれば、 ステルス機は三沢基地の所属で、 火曜日は青森県近くの太平洋上で訓練を行っていたことが分かって いる。戦闘機は海に墜落したとみられており、 救助隊が捜索に当たっている。

ステルス性能を持つF35Aは去年1月に配属が開始され、現在のところ三沢基地では13機運用されている。

関連ニュース

自衛隊の戦闘機F35A、太平洋上で消息を絶つ=マスコミ

タグ
戦闘機, 日本
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント