13:24 2019年05月23日
日産のカルロス・ゴーン前会長(アーカイブ写真)

ゴーン氏の逮捕で腎不全治療が中断 弁護団 

© AFP 2019 / Eric Piermont
日本
短縮 URL
122

日産自動車のカルロス・ゴーン前会長の弁護団は、ゴーン氏の再逮捕を「違法」と主張し、同氏が慢性腎不全を患っていることから、治療の中断を余儀なくした逮捕を「非人道的」と批判した。ロイター通信が5日にゴーン氏の弁護団が作成した資料を入手して報じた。

スプートニク日本

東京地検はこれに対するコメントを控えている。

4日、保釈中だったゴーン日産前会長は会社法違反で再逮捕されている。

地検特捜部は4日、保釈中だったゴーン前会長を会社法違反(特別背任)容疑で再逮捕した。

再逮捕直前の3日、ゴーン被告はツイッターのアカウントを開設し、11日に記者会見を開き、「真実を話す準備」を明らかにしていた。再逮捕で記者会見が成立しなかったことから、逮捕の時期については偶然ではなかったとの憶測を呼んでいる。

コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント