20:11 2019年04月21日
A woman walks past vegetables dsplayed at a supermarket in Nihonmatsu, Fukushima prefecture on March 26, 2011.  Lettuce contaminated with radiation above the legal limit has been found at a wholesale market in central Japan, shipped from a farm north of Tokyo, officials said.

経済協力開発機構:日本には消費税引き上げが不可欠

© AFP 2019 / Roslan Rahman © AFP 2019 / Kazuhiro Nogi
1 / 2
日本
短縮 URL
3116

経済協力開発機構(OECD)は15日、報告書を公表し、日本が財政の安定性を維持し、公的債務を減らすためには、現在8%の消費税率を引き上げる必要があるとの考えを表した。

スプートニク日本

報告書では「消費税のみで十分な水準の基礎的財政収支黒字化を達成するためには、税率をOECDの平均の19%よりも高い20%~26%へ引き上げる必要がある」と述べられている。

OECDは、日本は労働力不足と高齢化に関連した大きな問題に直面していると考えており、主に税率の引き上げによって安定した財政収入を確保することができるとの見方を表している。

日本の消費税は現在、OECD加盟国の中で最も低く、債務残高はGDPを著しく超えている。

なおOESDは、外国人労働者の受け入れを拡大し始めるという日本の決定を肯定的に評価した。

タグ
日本
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント