14:59 2019年06月17日
パリのノートルダム大聖堂で大きな火災

日本、ノートルダム火災を受け文化財の防火対策を緊急点検

© Sputnik / Dominic Buten
日本
短縮 URL
0 11

日本政府は、仏ノートルダム大聖堂で発生した火災を受け、文化財の防火対策の緊急点検を開始した。菅官房長官が17日の記者会見で明らかにした。

スプートニク日本

菅氏によると、文化庁が国宝と重要文化財の防火対策について緊急点検を始めた。共同通信が報じた。

15日夜、ノートルダム大聖堂で火災が発生した。鎮火したのは16日午前。現在伝えられている情報によると、修復作業中の大聖堂の上層部で火が出た。

火災では尖塔、時計、屋根の大部分が焼け落ちた。

フランス当局や企業などは、パリの主要な観光名所の1つであるノートルダム大聖堂を再建するために、すでに数億ユーロを拠出することを約束した。

ロシア、英国、ドイツ、その他の国々が支援を申し出た。

関連ニュース

コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント