00:49 2019年10月17日
東京

史上初10連休のGWへの日本人の意見

© Sputnik / Natalya Selivestrova
日本
短縮 URL
0 32
でフォローする

4月末から新天皇の即位に伴い10連休となるゴールデンウィーク(GW)が始まる。4月27日〜5月6日の連休は国民から熱い反響を呼ぶと思いきや、楽しみにしている日本人は半数を下回った。

スプートニク日本

クロス・マーケティングが発表したデータによると、GWを楽しみにしている回答者はわずか40%。楽しみではない理由には、混雑・渋滞や「お金がないから」、「することがないから」などが挙がった。

スプートニクが実施した調査も同様の結果を示した。

日本のあるテレビ局の子会社の社長は、日本人は上手く休めないとの認識を示した。そのうえで、同企業でも全社員が休むわけではないと述べた。

一方で自身は、お正月に働いた分、GWは10日間休みを取る予定だという。

日本最大級のロックの祭典の開催企業のトップは一方、懸念を示した。5月初旬には多くの音楽イベントが予定されている。そしてその人物の企業では全社員が働いているが、パートナー企業と迅速に連絡を取れず、準備中に起きた問題を解決できないかもしれないと気をもむ。

「令和」
© AP Photo / Eugene Hoshiko
大阪に住むIT企業の社員はGWに喜んでいる。家族全員で友人のいる愛媛県を訪れるという。子供は同年代の子供と心ゆくまで遊べる一方で、大人は温泉とツアーを楽しめる。

その社員によると、家族全員がGWを待ち望んでいる。

エコノミストもGWによるプラスの影響を期待している。第一生命経済研究所は、GWの旅行消費が前年比3323億円増の1兆4824億円になると試算した。

​関連ニュース

天皇陛下の退位と皇太子さまの即位に伴う休日により、日本における金融問題のリスクが指摘される

タグ
調査, 経済, 天皇ご一家, 明仁天皇, 日本
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント