07:10 2019年06月19日
日本、観光(アーカイブ写真)

日本で最多女性市長 6人当選 統一戦

© Depositphotos / Bennymarty
日本
短縮 URL
0 31

22日、日本の統一地方選挙後半戦の市区町村長・議員選の開票結果が出揃った。国内過去最多の6人の女性が市長選で当選した。日本各紙が報じた。

スプートニク日本

 女性市長は新潟県加茂市で藤田明美氏(48)、京都府木津川市で河井規子氏(63)、兵庫県芦屋市で伊藤舞氏(49)、山口県周南市で藤井律子氏(65)の勝利に加え、無投票当選で長野県諏訪市で金子ゆかり市長(60)、三重県鈴鹿市で末松則子市長(48)が勝利した。

これまで最多だった2015年の女性市長4人を2人増で上回った。

朝日新聞によると、当選した市長における女性の割合は18・43%で過去最高となった。

関連ニュース

統一地方選、投票率で最低相次ぐ 市長選は47・50%

タグ
選挙, 日本
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント