11:43 2019年12月11日
サマータイム

小池知事「かぶる傘」提唱 「笠」にそっくり【写真】

© AP Photo / Eugene Hoshiko
日本
短縮 URL
2020年東京オリンピック・パラリンピック (115)
109
でフォローする

東京都の小池百合子知事は24日、2020年東京五輪・パラリンピックに向けた猛暑対策として、「かぶる傘」を提唱した。日本各紙が報じる。

スプートニク日本

傘の直径はおよそ60センチ。帽子のようにかぶり、ベルトで頭に固定する。通気性が良く、熱や光をさえぎる素材を用いているという。6月の完成をめどに作成している。

​この発表を受け、普通の帽子を提案する人や、人混みでは危険な可能性があると指摘する人も現れた。

​さらに、日本などのアジア圏で古くから用いられている「笠」に似ているとの声も挙がった。

関連ニュース

トピック
2020年東京オリンピック・パラリンピック (115)
タグ
日本, 環境, スポーツ, 五輪
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント