19:58 2019年06月25日

留学生1600人所在不明 東京福祉大

© Fotolia / DragonImages
日本
短縮 URL
118

日本の文部科学省は11日、東京福祉大で約1600人の留学生が所在不明になっているとの調査結果を公表し、研究生の受け入れを当面停止するよう指導した。私学助成金の減額や不交付も検討する。日本経済新聞が報じた。

スプートニク日本

東京福祉大では3月、多数の留学生が所在不明になっていることが発覚し、文科省などが調査していた。調査結果によると、同大は近年になって留学生の受け入れを急拡大。2016~18年度に約1万2千人の留学生を受け入れたが、うち1610人が所在不明、700人が退学、178人が除籍になっていた。

研究生は日本語能力が低い学生や学費支払いが難しい学生が多かった。しかし大学側は規模に見合う職員を確保せず、また授業に出ない学生への指導も不十分だったとみられている。所在不明者の7割が研究生だったことから、文科省は研究生の新規受け入れを当面停止させた。

関連ニュース

タグ
研究, 日本
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント