03:26 2019年09月22日
日本の急速な高齢化は予算への負担を増大させる

日本の急速な高齢化は予算への負担を増大させる

© Flickr/ Mr Hicks46
日本
短縮 URL
206
でフォローする

専門家らは、日本が高齢化テンポと規模において先進国の中で突出しており、国内総生産(GDp)比の債務残高が最も高いと結論付けた。 サイト「EconIntersect」掲載の記事には、社会保障費の増加は収益の成長を大幅に上回り、財政負担を生み出すとの見通しが示されている。

記事は次の数字を挙げる。2050年代初頭までに、20〜64歳の国民に対する65歳以上の人口の割合は80%に増加する。2015年には、この数字は48%だった。結果として、高齢者のための社会福祉プログラム、つまり年金、医療、および保険制度の予算は何倍にも増加するだろう。

記事には「日本では高齢化が予測されているため、労働市場の改革や変化がなければ、年間財政赤字は2040年までにGDPの10%、2070年までに18%に達すると予測される。日本の対内、対外債務はGDP比で、2040年までに230%、2070年までに630%と信じられない水準に達するだろう」とある。

問題を解決するには?

専門家によると、政治改革と労働市場の変化の組み合わせによって状況を改善できる。例えば、女性の雇用の増加は労働力不足の問題を解決するのに役立ち、女性の賃金上昇は所得税の増収につながる。記事ではまた、必要な措置として、年金受給開始年齢を67歳に引き上げる一方で給付額を引き下げ、消費税率を15%に引き上げることに言及している。

タグ
高齢者, 高齢, 日本
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント