18:54 2019年09月21日
東京(アーカイブ写真)

森ビル 虎ノ門、麻布台の再開発計画を発表 330メートルの超高層と広大な緑地【動画・写真】

© Fotolia / leungchopan
日本
短縮 URL
0 24
でフォローする

東京の高級地である虎ノ門、麻布台を都市再生する森ビルの再開発計画「虎ノ門・麻布台プロジェクト」の概要が22日、発表された。

同プロジェクトの計画区域面積は約8.1ヘクタール。中心に約6千平米の中央広場をすえ、全体で2.4ヘクタールもの広大な緑化面積に包まれた街は、日本一の高さのおよそ330メートルの超高層ビルやオフィス、住宅、インターナショナルスクール、商業、文化施設などが融合する空間となる。

森ビルの発表では、就業者数約2万人、居住者数約3千500人、想定年間来街者数2500~3000万人。規模は同社がすでに実現した六本木ヒルズに匹敵するが、森ビルはヒルズの経験を活かした「ヒルズの未来形」と呼んでいる。また区域がアークヒルズに隣接し、六本木ヒルズと虎ノ門ヒルズの中間点に位置することから、森ビルは既存のヒルズと連携・融合させることで、都心部に新たな文化・経済圏を創出し、国際都市・東京のさらなる磁力向上に貢献すると高い意気込みを示している。

​森ビルが地元住民と共に30年の歳月をかけて練り上げたプロジェクトは今月5日に着工を迎えた。竣工予定は2023年3月末。

関連ニュース

タグ
日本, 東京
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント